topimage

2017-08

上越線のダイヤを作る - 2017.08.11 Fri

余り天気も良くなかった今日、少しソフトで遊んでみました。

前々からダイヤ作成はOuDiaと、えきから時刻表の変換サイト「えきから to OuDia」で作っていたんですが、上越線は何故か上りしか変換されなかったんですよね。
オマケに本来なら長岡まで表示されなければならないのに、相変わらず越後湯沢までしか表示されないし(汗)

2017_08_11 oudia jouetu_s



これは今年3月のダイヤ改正後、ダイヤを作ろうとした時からで、どうやっても出来なく半分諦めていたんですが~、今日改めて見直し、試しに「処理する表の指定」欄中、「1」を「1,2」へ変更してみました。


2017_08_11 ekikara oudia_s 

すると~、何と上下列車が全部表示されました!(笑)。しかも長岡まで全部表示されるおまけ付き!

2017_08_11 oudia jouetu2_s 


いやー、やってみるもんです(^_^)v

で、更にはウェブで探したら、えきから to OuDiaをソフトで作ってしまった人がいました。

Getえきから2

こちらの方がメニューから都道府県と線区を選択するだけで作ってくれますので、いちいち線区番号をコピーする手間が省け楽ですね。

2017_08_11 Get ekikara 


なかなか良いソフトがあるもんです。
興味の有る方は使って見るべし!(笑)

スポンサーサイト

ダイヤアプリを試す - 2017.07.28 Fri

なんだか久しぶりの更新になってしまいました。

週末になると雨が降り、しかも土砂降りという悪循環でした。
今週末も雨の予報で、また写せないのかな~(汗)


ま~、ぼやいてもしょうが無いので今日はアプリを探してました。

普段持ち歩いている紙のダイヤは、PCのソフト「OUダイヤ」で作っているんですが、もって行くのを忘れた時など往生したんで、スマホで見られるアプリが無いか探したら、良いアプリが有りました。

AOdia公式ページ
http://kamelong.com/aodia/index.html

「OUダイヤ」のデータを利用し、アンドロイド上でダイヤを表示してくれるアプリです。

Screenshot_2017-07-28-09-40-57_s.jpg


このアプリ、中々具合が良く、ダイヤの表示はもちろん、スジを長タップすると停車時刻を表示してくれたりします。
中々良い具合ですね。
OUダイヤをお使いで、アンドロイドスマホをお持ちの方はお試し有れ~。

紙の時刻表は、要らなくなるのかな

シルキーピックスで現像! - 2015.05.19 Tue

最近機材を更新したのは良いのですが、予算の都合もあり、フルサイズ+社外品のレンズと言う微妙な組み合わせになってしまいました。

ボディーはともかくF2.8通しの純正レンズは高くて手が出ない(汗)。
で、必然的に社外品のレンズか、中古の純正レンズかの選択になったんですが、検討段階で不安だったのが(写りの善し悪しもそうですが)なによりも周辺減光がどんな感じになるかでした。
悩みに悩んだんですが、カメラボディーとNikon純正のソフト・Capture NX-Dには周辺減光を調整する「ビネットコントロール」も有るので、なんとかなるかと考えて買ったんですが・・・・、やっぱ駄目でしたね。これらの機能は純正の組み合わせでは有効と思われますが、社外品には向かないようです。

先日のブログ・津軽線の重連はまなすとスーパー白鳥ですが、周辺減光結構目立ちます。

2015_05_07 202-2_s 


2015_05_07 4016M_s 

2枚目は結構絞ったんですけど、青空バックと条件が悪く周辺減光が目立ってしまいました。


仕方無いので、この最近1~2週間ほど、Lightroom 6やRawTherapee・DXO等色んなお試し版で補正できないかとダウンロードしまくり、調整に明け暮れした結果

こんな感じになってくれました。

2015_05_07 202-2 silky6-2_s 

2015_05_07 4016M-silky6-4 hdr37_s


いずれももっと追い込んで調整したいのですが、とりあえずここまで仕上がれば良い感じです。
周辺減光もほぼ目立たなくなっています。

で、最終的に調整したソフトは、市川ラボのSILKYPIX® Developer Studio 6 

有名なソフトでフジやNikonのソフトのベースとなっているソフトだそうですが、少しやりにくい所(ホワイトバランスの調整が難しい)や、NX-Dと比べて仕上がりが少し変な所も有り万能では無さそうですが、タムやシグマを使うためにはなかなか行けそうです。

有料ソフトなのでそこが今一ですが、使って見ようかと思います。

Nikon キャプチャーNX-D出ました。 - 2014.09.15 Mon

えーと、最初にNikon以外の方はスルーして下さい、すみません(汗)

現像ソフトの話題ですが、Nikonの現像ソフトは、無償でカメラ購入時に付いてくるViewNxと、有償でプロ向けのCapture NXの2系統有ります。ViewNXはお手軽に使えて、便利で綺麗で良いのですが、Capture NXもレンズ補正も有り使って見たいソフトでした。

そのCapture NXがバージョンアップされ、7月より無償での提供となっていました。

Nikon | Capture NX-D

バージョンが「D」になり、機能が増えたかと言えば?で、逆にコントロールポイントが無くなり、現像結果も外部ファイルに保存するタイプに変更と、やはり無償になった為に機能ダウンしている部分が有りますね。
ただ、無償で今までの機能がほぼ使えることは意義が大きいと言えます。

少し使って見た感じでは、普段使っているViewNxより少し重く、サムネイル画像の表示が気持ち待たされる感じです。
自分のPCはメモリーを目一杯積んでいるので結構早いほうですが、CPUが少し時代遅れと思われ、古めのPCとしてはこんな物でしょうか。
(VAIO VPCS149FJ、Windows 7 メモリー8GB、Core i3-380M(2.53GHz))

操作のしにくさも相変わらずで、右側の操作部が解りづらく、慣れるのが大変そうです。

ただ・・・・、Nikon(のレンズ)を使っていて一番面白くないのが、歪みと周辺光量落ちなんですが、それの対策として「歪み補正」と「ビネットコントロール」が付いています。
やはりこれだけでも使う価値はありそうですね。

ちょっともっさりですが、根気よく使って見ようかと思います。

2014_09_15 キャプチャーNX-D_s 


参考
新製品レビュー:ニコンCapture NX-D - デジカメ Watch

試用レポート ニコン CaptureNX-D ベータ版 〈アサヒカメラ〉 -朝日新聞出版|dot


羽越ダイヤ更新作業中です - 2010.12.07 Tue

と言うことでOudiaで現地撮影用ダイヤ作っています。


今回のダイヤ改正では、羽越線でも酒田より北は2008M+少々の変更で済み貨物もあまり変化が無さそうなので楽なんですが、酒田より南・特に村上~新津・新潟方面では鈍行も含め結構変わっていますね。

客車関係はダイヤサイトで時間を確認でき入力できるので良いのですが、客車の時刻変更に合わせて変更になっている貨物列車はこれはもう調べるしか有りません。と言うことで夜勤明けの今日、午後からまた現場に行ってみました(爆)

とりあえず客車列車と重なってしまった4094列車が変だったので、現地に行って時間を確認したら、想定通り少し早くなってましたね。まあー、EF510なのであまり気にしなくて良いのですが、チェック入れておきました(笑)

完成したら、ベクターに上げてみますのでもう少々お待ち下さい。


2010_12_7 daiya_s
4094列車、村上で16:48通過でした

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (832)
臨時列車 (192)
鉄 遠征! (109)
雑感 (147)
ソフト (11)
機材 (21)
食べ物 (13)
スマホ覚え書き (6)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: