topimage

2017-08

8月になりました - 2016.08.05 Fri

さて、先月末またしても関東遠征に行ってきました。

猛暑の中、乗り鉄+撮影と頑張ってきましたが、きつかったです。
ほんの少しですが上げて見たいと思います。

最初は鈍行で通った湯桧曽のループです。
電車の窓が曇ってしまい、ソフトフォーカスな写真になっていますが、丁度湯桧曽の駅の上を通る所で写せました。


2016_07_30 1736M_s exif
撮影日 平成28年7月30日
上越線 湯桧曽付近 1736M 撮影時間 15:37
機種名 FUJI XE-1 焦点距離 39mm

この後は下りの貨物を写すべく、後関~上牧で待っていたんですが、荷が載っていなく中抜けの少し間抜けな写真になってしまいました。ちょっと残念。

2016_07_30 2087_s exif 
撮影日 平成28年7月31日
上越線 後関~上牧 2087 撮影時間 17:12
機種名 Nikon D750 焦点距離 130mm

明けた次の日(7/31)は信越に移動しSLを写すかと思っていたら、この日はC57が担当と言う事で、先頭は電気が引っ張ってきました。駅員さん曰く、C57は信越の山を登るには力が足りないらしく、先頭にはなら無いとのこと。
D51が運転する時は先頭で来るとのことで基本的なことがリサーチ不足だった様です。まあーしょうが無いか(汗)。
撮影は、もの凄い激晴れだったので何処で写すかと言うか、逆光の中散々歩き回り何処で写しても駄目みたいだったので、結局駅撮りしてきました。アップで写すことが出来たので、まあまあというところでしょうか。

2016_07_31 9135_02_s exif
撮影日 平成28年7月31日
信越線 西松井田 9135レ 撮影時間 10:36
機種名 Nikon D750 焦点距離 200mm(DXモード)


西松井田に行く途中、撮影ポイントであろうと思われる立体交差にはえらい数の三脚の山が出来ていました。すごい人気なんですね~。

その後、初めて行った碓氷鉄道文化村は、釜の内部まで見学でき、何だか一番良かった様な機がします。

最初は正面にある多分昔の検修庫。ここにはシミュレーターと直流電気釜が置いてありました。

2016_07_31_02 FUJI XE-1_s exif 

2016_07_31_05 FUJI XE-1_s exif 

2016_07_31_03 FUJI XE-1_s exif

釜の運転席も通ることが出来、子供達がおもしろがって占領していました(笑)
右手でノッチを上げて加速していく等、81の運転装置と基本的な部分は余り変わらない様な気がしますね。

検修庫を出て外に行くと屋外展示場が有り、古い電気釜・SL・ミニSL等が有り楽しめました。
SLは1両だけだったのですが、このD51、上のタンク部分が長いタイプなんて初めて見た様な気がします。

2016_07_31_06 FUJI XE-1_s exif 
2016_07_31_09 FUJI XE-1_s exif 

2016_07_31_13 FUJI XE-1_s exif 
所で碓井の鉄道文化村と言えば有名な直流電気釜の運転が出来る所ですがこの日も運転やっていました。
直線で大体500mも有るんでしょうか。自分で運転出来るなんて凄いです。
ただ、少し釜が痛々しいですね。あともう少しリーズナブルなお値段だと良いと思うんですが(汗)

2016_07_31_01 FUJI XE-1_s exif 


結局帰りは時間の関係でSLを写す事無く帰ってしまいましたが、駅に行くと少し煙を出していました。
下り坂なんで、余り煙は出さないんでしょうね。

2016_07_31 9136 FUJI XE-1_s exif


今回の遠征はこれでおしまい。
高崎まで普電で行き新幹線で帰ってきましたです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

カシオペアクルーズ «  | BLOG TOP |  » JR北海道用回送列車

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (832)
臨時列車 (192)
鉄 遠征! (109)
雑感 (147)
ソフト (11)
機材 (21)
食べ物 (13)
スマホ覚え書き (6)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: