topimage

2017-08

築堤を下るあけぼの - 2010.08.10 Tue

快晴の今朝、築堤を下るあけぼのです。

青空バックの中にも地平線が朝焼けで少し赤くなり、「あけぼの」と言う感じでしょうか。


2010_08_10 2021_s
撮影日 平成22年8月10日
撮影場所 本楯~南鳥海間 2021 撮影時間 5:15
カメラ機種名 Canon EOS 20D 焦点距離 43mm

場所は早朝限定(笑)の、南鳥海駅・信号機付近から酒田方を向いての撮影。
もちろん日中は逆光なのと、日光川・踏切付近のお立ち台から撮影している人達からは入ってしまうので絶対不可(笑)
また、現地雑草が激しく草が無いところを探しての撮影でした。

また日が差す方向とは反対ですので、側面が真っ暗になってしまいどうかとも思いましたが
まあー日の出の感じが少しはするので、自分的には良いかと(汗)

ご笑覧下さいm(_ _)m
スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして。当日踏切でお声をかけていただいた者です。築堤の海側からは。こんな感じで撮れるのですね。築堤を駆け下りてくる特急のスピード感が上手く表現されていると思いました。時々仙台から遠征させて頂いておりますので、今度お会いしたらよろしくお願い申し上げます。

遠路お疲れ様でした。
当日、よもや山に向かってレンズを向けている人はいねーべなと思い、確認のために踏切まで行った次第です。
最近沢山の人が来ているので念には念をと思った物ですから(^_^;)

田舎ですので、列車が少なく写すのは大変ですがロケーションは良いですので、楽しんでいって下されば幸いです。

こんばんはです[i:63893]

朝焼けの【あけぼの】、カッコいいですね
直江津付近では、下り【きたぐに】がなんとか撮れるので、明るいうちに急行鳥海様のマネをして、
朝焼けの中の【きたぐに】を撮れたらなぁ…と思ってます

フィルターの件、非常に助かっております。ありがとうございますm(__)m
【余計なもの(笑)】が写らず、綺麗に写り大満足です。
以来、撮影の度にフィルターははずしております。

たんすさんこんばんは。
きたぐに良いですねー。新津近辺では確か下りのきたぐにが8時過ぎなのでその内行こうかとも思っています。

フィルターは、こんなんで綺麗に写るんだったかと言う感じですし、何のために付けているんだかと思うところも有ったりして(爆)。まあー、手間暇掛かるけど綺麗に写るから良いかーってね(笑)

さてさて、台風は明日の晩がピークらしいです。台風一過の晴天を期待しましょう(^_^)v

こんばんは鳥海さん。おまちかねの台風来ましたね?北斗星リベンジ・・・言っちゃいけません(爆)
私事多忙で、少し壊れてきました(歳です、ハイ。)
今日は寝坊で遅刻寸前(爆)出社。(昨夜は終電まで仕事・・・)
今朝出勤直後に取った電話は○締役(汗)←失礼しました、なんか色々変な話が耳に・・・。
それはさておき、日本海をもっと撮りましょうね。

週末のはまなすは諦めて、新屋で日本海かなあ、疲れが取れません。

白プラドさんは仙台ですか。多分会ったことがったことがあるような。
自分は80ナローランクル、○○マークの日焼け入りに乗ってますが(爆)

鳥海さん、車変わりましたので宜しくです。

なべちゃんさん、今晩は。
大分疲れが溜まってるようで。激務の果てに仙台で日本海を見たなんて幻を見る事にならないようにお願いします(笑)。
新屋で日本海も良いですね、近いですから。今晩の日本海は運休確率高いですが、土曜日の朝は大丈夫でしょう(汗)

ランクル了解です。でもちょっと考えると凄いかも。○○マークがうっすらと見えてた日にゃー、そこのけそこのけ○○が通る状態?(爆)。

後、角瓶28号さんがブログ開設されています。リンクの方に張ってありますのでお暇なときに行って見て下さい。


管理者にだけ表示を許可する

台風は行ったけれど «  | BLOG TOP |  » あさやけ・・・だったんですけどね(^_^;)

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (832)
臨時列車 (191)
鉄 遠征! (109)
雑感 (147)
ソフト (11)
機材 (21)
食べ物 (13)
スマホ覚え書き (6)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: