topimage

2017-06

夜勤明けで帰っては来た物の - 2011.12.07 Wed

ざぁーざぁー雨降りな一日になってしまいました。

せっかく写せると思っていたのに残念です。

仕方無く、用事で三川まで行った帰りに、久しぶりにラーメン屋に行ってきました。

酒田の国道7号線沿いのラーメン屋で「よこはま軒」さんです。

酒田と言えばあっさり魚だしの「酒田ラーメン」が有名ですが

このお店は珍しいこってり豚骨系の「家系ラーメン」店さんです。

食べたのは写真の横浜とんこつ醤油ラーメンで、少し濃いめの味付けと太麺が特徴のがっしりした?ラーメンですね。
でかい海苔とトロトロのチャーシューと相まって、至福の時が過ごせます。

皆さんも一度お試しあれ


2011_12_07 yokohamaken_s 

場所は国道7号線下り線側、東大町のドトールコーヒーそばです。
なお、書き忘れましたがお店はこの他に、鶴岡のsモール・イオン酒田南店にも有ります。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

寒いとこちらの食は進む

いいですね~、こういうときは身も心も暖まります。酒田に横浜ラーメンがあるなんて驚きですね。九州行ったとき本土風味のラーメン屋は皆無でしたからね。あちらは「とんこつ」しかありません。個人的には横浜ラーメンの酒田風とかだったらうれしい気がします。

寒かった

神奈川在住の人さん、こんにちは~

今日は寒かったのでラーメン美味しかったです。
メニューには「横浜とんこつラーメン」「東京とんこつラーメン」「あっさりラーメン」と3種のベースが有り、それぞれ海苔やチャーシューのバリエーションが有るので多彩ですね。
どちらかと言えばあっさりラーメンが酒田風横浜ラーメンでしょうか。あっさりと言ってもかなり濃い味でしたからね。でもちょっと自分的には?な味でした(汗)

寒いですねー

こんばんは、
今日はがんばって仕事をしました(爆)

某駅貸切でバルビーを、と準備万端でしたが、トワ釜で、しかもつがるが遅れ撃沈。
罰があたりました。

やっぱり実家の駅がベストなのだと感じました。

明日は、カメラは持たずに仕事します(?)

テレビの設定終わりましたか?

おはようございます(^^)

家系ラーメン大好きです
食べごたえありますよね
家系ラーメンのお店は、【麺の固さ・脂の多さ・タレの濃さ】を調整してくれるところが多いですが、
まさか全てMAX…?

被られた?

なべちゃんさん、おはようございます。

2箇所目は駄目でしたか、残念ですね~
やっぱり慣れてる場所が一番良いと言う事でしょうかね。

多分激パになっても撮れる?(笑)。

まぁ、せいぜい頑張りましょう(笑)。

TVは~何の事やら(爆)。

MAX!

たんすさん、おはようございます

そういえば食べてから指定出来る事に気がつきました(爆)。
全てMAX!(笑)
バキバキでもドンと来い!な~んてね
年ですから無理っす

らーめんいいですねえ

こんばんは、
よこはまけん、私もSモの方にはよく行きます。

私事ですが、松山軒も大好きですが昼しかやっていないので、
なかなか行けません←旧松山里仁館高校の近くですけど知ってますか?

それにしても寒いですねえ。
先程、某駅にて日本海をバルビーしてきましたが、
あまりにも寒いので、みそカレー牛乳ラーメンを食べましたよ。

今回は非常に大事な出張でしたが(爆)
田酒をゲットできなかったのが心残りです(笑)

寒い毎日が続きますが、鳥海様も北へ遠征するときは、
D7000のバッテリー対策を。

それにしても同業者多過ぎ(汗)

なべちゃんさん、こんばんわ

松山軒はちょっと勉強不足でした。ケンちゃんラーメンは地元にも有るので行ってるのですけどね~。で、みそカレー牛乳ラーメンとな!味が想像つきませんぜ(爆)

日本海はこれからは何処で撮っても寒いので大変ですよね。
バッテリーもちろん予備持参で、さらにホカロンでぐるぐる巻きにして行きましょう(笑)


管理者にだけ表示を許可する

降雪 «  | BLOG TOP |  » 一週間のご無沙汰でした

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (827)
臨時列車 (188)
鉄 遠征! (109)
雑感 (146)
ソフト (9)
機材 (21)
食べ物 (13)
スマホ覚え書き (6)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: