topimage

2017-10

きたぐに - 2012.03.09 Fri

自分が若い頃走っていた【きたぐに】は、確か青森~大阪間を運転して、寝台列車(ブルトレ)だったような気がしていました。

それがいつしか、新潟~大阪間の運転となり、ブルトレが583になっていました。

そんな【きたぐに】ですが

記憶では一度も乗ることも無かったし写真も撮っていなかったので、今日は写しに行ってきました。


新津より北では快速なのでヘッドマークはどうなるだろうと心配でしたが
情報では、終点の車庫に入るまで【きたぐに】のマークとのこと。

一安心しましたが・・・・・、結局撮影は新津より南でしてきました(汗)
何の為に聞いたんだか(激汗・すみません)

曇り空が恨めしいです。

DSC_6230_s.jpg 
撮影日 平成24年3月9日
信越線 多分田上~矢代田 【きたぐに】  撮影時間 8:04
機種名 Nikon  D7000  焦点距離 185mm

撮影後、なんか長いような気がするな~と思ったら12両編成だそうで
日本海と同じで大盤振る舞いですね


今日は午後からの2008MにT18が入ってくれてましたので白新線・しばたのカーブへ
ウインクして歓迎してくれましたです(爆)


DSC_6352_s.jpg 
撮影日 平成24年3月9日
白新線 佐々木付近 2008M  撮影時間 12:41
機種名 Nikon  D7000  焦点距離 170mm



久しぶりに行った新潟界隈、撮影はこの他にも色々と写したんですが、Wパンタに手こずり・曇り空にやられてしまいました。
聞けば青森は快晴だそうな。うーん、行き先を間違えたような気が・・・・(爆)


最後は帰りがけの駄賃で前から行ってみたかった所へ
510さんですが、うねるように走っていきました。


DSC_6378_s.jpg
 
撮影日 平成24年3月9日
羽越線 多分温海付近 4094  撮影時間 15:59
機種名 Nikon  D7000  焦点距離 105mm



色々あった新潟遠征ですが、結構楽しめたとは思っています
(ノー天気ですから・爆)

本日お会いした皆様・メールをしていただいた皆様、お疲れ様でした。
楽しい会話・メールを有り難うございました。

またお会いした時も宜しくお願いします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お疲れ様でした

新潟遠征でのメイン、きたぐに撮影良かったですね。
急行鳥海さんより近くに住んでいるんですが、撮影出来そうもない・・・
510は鈴ですね。昨年そこで大変なことをしまして(汗)車の鍵落ちてませんでした^^;
ここに何回か通いましたが、同じS字を近くで発見しました(^^)v

有り難うございました

メール有り難うございました。でも結局あそこでしたから何のこっちゃです(汗)
プラトレさんの写真みてあそこ界隈だろうと思い行って見ましたが、正解だったようですね
さらにもう1つ有るとな?、行ってみましょう(笑)、鍵も探すか!(爆・無理無理)

こんにちは~(^^)

先日はお疲れ様でした~
まさかお出ましになるとは思いませんでした
最初わかりませんでしたが、お顔が正面を向き、
『んん急行鳥海さん』という感じでした

T18でしたが、久々にやってくれましたね(苦笑)
撮影後、思わず一言『ありゃまξ』でした

きたぐに12連ですか
私もきたぐに撮ったことありますが、実は12連は未達成でして…羨ましい限りです

EF510のくねり具合もいいですね~ 私も行ってみたくなりました

こんばんはー

たんすさん今晩は

ビックリしました?(笑)
某所を見て「お、いるなー」と思い、行ってみました(笑)

T18、多分今年初でしょうか、げっと出来て良かったです。
噂に寄ればその内関東方面へ転属と言う話もあるとか
もしかしたら羽越線での最後のお披露目だったかも知れません。

また今度機会が有ったらご一緒しましょう。


管理者にだけ表示を許可する

甲種回送 «  | BLOG TOP |  » 天然お立ち台?

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (833)
臨時列車 (203)
鉄 遠征! (109)
雑感 (147)
ソフト (11)
機材 (21)
食べ物 (14)
スマホ覚え書き (7)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: