topimage

2017-06

明日の予定は? - 2013.06.01 Sat

本日2回目の更新

朝練後、明日の撮影地を確認すべく、あちこち動き回ってみました。

明日の甲種は車体上部が赤いので上から俯瞰気味に写したら良いんじゃね?
とばかりに俯瞰ポイントで写して見ました。

吹浦バイパスの上からは入り口と女鹿方とあるんですが、女鹿方は尻切れになると思い、入り口で確認です。
丁度良く臨時列車がやって来てくれました。

2013_06_01 回9823M_s 
撮影日 平成25年6月1日
羽越線 吹浦付近 回9823M?  撮影時間 9:19
機種名 Nikon  D300  焦点距離 25mm


意外と良く写せました。第1候補・・かな(笑)

候補地その2、普通にサイドから写してはどうかと、遊佐~吹浦のストレートで山バックの後追いです。
先日の水鏡ポイントで線路際に近づいての撮影。

もう少し離れて写しても良いかんじですが、こちらも良いですね。
山バックで行く甲種なんて2度と写せない?


2013_06_01 541M_s 
撮影日 平成25年6月1日
羽越線 吹遊佐~浦 541M  撮影時間 9:58
機種名 Nikon  D300  焦点距離 24mm

本命の女鹿のカーブではどうか?
2001Mで先頭に釜が付いている所をシュミレートして、カットしてみました。
いなほのカット位置を釜次位の位置に合わせてみましたが
うーーん、良いのか悪いのか解りませんね。
7両編成なので後ろが巻くと思うので良い感じになるとは思うのですが・・

2013_06_01 2001M_s 
撮影日 平成25年6月1日
羽越線 女鹿付近2001M  撮影時間 10:58
機種名 Nikon  D300  焦点距離 110mm


さて、ここに来て田んぼで騒動を起こし出入り禁止になった場所が出た模様です。

長橋ですが・・・・

地元民としてはゴミ回収などやって、迷惑が掛からないよう最大限努力していたんですが残念です。
自分も余り人のことは言えませんが田んぼはお邪魔して写させてもらっていると言うことを理解して撮影しましょう。

また、除草剤を勝手に撒いている人も聞けばいるようですが・・・・、これは言語道断です。
本楯~南鳥海~遊佐付近にかけ、無農薬でやっている農家もあります。
皇室献上米で、農薬使用禁止地域もあります。
手で除草するのは一向にかまいませんが、薬はダメな所も有ると覚えて欲しいです。


趣味として撮影していますが、皆さん社会人としての行動と言動をもって撮影して下さるようお願いします。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

長橋?

地図で見ると、南鳥海-遊佐の陸橋(先がツルハ)が「長橋」のようですね。
この季節は水鏡に映る列車の画像が人気のようで、私も大好きです。
でも、田んぼに駐車すると間違いなく邪魔になるし、あぜ道もあんまり人が歩くと崩れそうなので農家の人の気持ちもわかります。
私は最近、この季節は山からの俯瞰にはまっています。(美しい!)

困りました

トラパパ583さん、こんにちは
長橋、ピンポンです。
水鏡や朝のあけぼの撮影地として抜群でしたが、困った事になりましたです。
その内田んぼは何処も出入り禁止になったりして(汗)
気をつけたいものです。

俯瞰撮影、良いですね~
新緑が映える季節ですので自分も好きです。
色んな所でたのしみたいですね。

ご無沙汰です。

とても残念な事になりましたね。

列車の写真を撮る事って、
自身の倫理を捨てるに値するのか・・・改めて考えてしいました。

ようやく休みが取れる目処が立ってきたのに残念です。

お久しぶりです

市Nさん、今晩は
近年、撮影の方の数が極端に多くなった気がします。
ネタ列車の時は凄い数の人が来るようになったので、農家の方達にすれば突然大勢の写真撮りがやって来て荒らしていくという感じにうつったかも知れません。

まー今は駄目でも、少し冷却期間をおくと多分大丈夫になる・・・・と思いたいです


管理者にだけ表示を許可する

E6甲種来る! «  | BLOG TOP |  » 朝練!

プロフィール

急行鳥海

Author:急行鳥海
酒田以北メインで写しています。
オヤジを通り越して爺になってしまいました(汗)

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

今日の鉄! (827)
臨時列車 (188)
鉄 遠征! (109)
雑感 (146)
ソフト (9)
機材 (21)
食べ物 (13)
スマホ覚え書き (6)
田舎の風景 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別(表示数指定)

最新コメント

カウンター

日本ブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: